スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パンドラバッテリー無しでCFWを導入する方法[バージョン5.03以下限定]

ChickHENa.gif
パンドラバッテリーを使わずに、PSPにCFWを導入する方法を紹介します。
つまり、無料でPCとPSPさえあればできるのです。
注意:PSP-1000か対策前PSP-2000であり、なおかつFW5.03以下の場合のみこの方法が使えます。
それ以外のPSPでは絶対に実行しないでください。
 
大まかな手順としては、
ChickHENを導入、自作アプリを起動できる状態にする。
アプリ上からCFWを導入できるRecovery Flasherを導入し、
CFWをインストールできる、というわけです。

PSP-2000の場合、非対策基板であるかしっかり確認を取っておいて下さい。

準備物
・非対策基板でFW5.03以下のPSP
Recovery Flasher v1.60
・FW5.00アップデータ

ChickHEN導入・実行
1-1.こちらの記事にてChickHENを導入・実行してください。

Recovery Flasher導入
2-1.Recovery Flasher v1.60をダウンロードし、解凍してください。

2-2.解凍して出てきた[27143_rflash160]内の [RECOVERY]フォルダを、
[ms0:/PSP/GAME/]へコピーしてください。

2-3.FW5.00アップデータを入手してください。

2-4.FW5.00の[EBOOT.PBP]を[500.PBP]という名前にリネームしてください。

2-5.[500.PBP]を、[ms0:/PSP/GAME/RECOVERY/]にコピーしてください。

以上で準備はすべて完了です。

CFW5.00M33-6導入

ここからの作業で電源が切れたりすると大変危険です。しっかり充電しておきましょう。
また、PSP-2000の場合は非対策基板かもう一度しっかり確認を取ってください。
3-1.ChickHENを実行してください。。

3-2.Recovery Flasherを起動してください。
20100505195158.png

3-3. [I AGREE, now take me to the program!]を選択してください。
DSC00372.jpg

3-4.上から二番目、[Install M33 CFW (of version selected above)]を選択してください。
DSC00363.jpg

3-5.[reset (format) setting as well]を選択してください。インストールが始まります。
DSC00365.jpg

3-6.インストールが終了し、[All done Press any botton to shutdown...]とでたら、何かボタンを押します。
DSC00369.jpg

3-7.自動で電源が切れたら、もう一度電源をつけます。

3-8.XMBで、[設定]⇒[本体設定]⇒[本体情報]を選択してください。システムソフトウェアが[5.00 M33-6]になっていたら、インストールは成功です。
201005052045321.png

以上で作業が完了となります。
結構簡単だと思われた方もいるのではないでしょうか?





[ 2010/05/07 23:31 ] CFW | TB(0) | CM(1)
拡張子
この拡張子はどんなのですか?
[ 2011/02/19 03:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。