スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VHBL for みんなのテニス ポータブル (Half-Byte Loader r137) 導入方法

DSC_0010.jpg

yoshさんより「みんなのテニス ポータブル」で動作するVHBL(Half-Byte Loader r137)がリリースされています。

VHBL For Everybody’s Tennis · Wololo.net

概要

二十日ほど前にリリースされたMotorStorm Raging Ice VHBLに次ぐVHBL第二弾です。
今回使用されるゲームは「みんなのテニス ポータブル」。EU版のexploitはyoshさん、JP版はteckさんにより発見されました。移植作業を行ったのもyoshさんです。


例によって、VHBLでは従来のHBLと同じように、ユーザーモードで動作するHomebrewのみ起動できます。
そのためカーネルモードが必要なPSP FilerやGo Tubeなどの一部のHomebrewは正常に動作しませんまた、ISOや自前のPS1ゲームを起動するためのものでもありません。


なお、VHBLを利用するにはみんなのテニス ポータブルのDL版を購入しなければなりませんが、モーターストームのときと同じように、すでにStoreからは削除されています。フォーラムやTwitterで拡散されていたので、欲しいけどまだ買ってないという方は少ないはずです。

サポートする環境

  • FW1.61以下のPS Vita(正確にはPSPエミュレータのベースがFW6.60であればOK)
  • コンテンツ管理アシスタントが動作するPC(現在のWindows版コンテンツ管理アシスタントのバージョンは1.10.4086.63です)
    ※PS3ではVHBLの導入はできないので注意してください。

導入方法

以下の方法は日本版に対応しています。

VHBLの準備

  1. VHBLをダウンロード、解凍します。
    VHBL For Everybody’s Tennis · Wololo.net

  2. さらに vhbl-r137-tennisjp-yosh.zip を解凍し、できた UCJS10101フォルダ をコンテンツ管理アシスタントの "セーブデータ(PSP)" に表示されている場所へコピーします。
    Windows 7の初期設定では C:\Users\[ユーザー名]\Documents\PS Vita\PSAVEDATA\[個別ID]\ が指定されています。
    ss_v101.jpg

  3. PCにVitaをUSB接続した状態で "コンテンツ管理" を起動します。
    2012-03-27-003210.jpg

  4. "パソコン → PS Vita" ⇒ "アプリケーション" ⇒ "セーブデータ(PSP/その他)" へ移動し、「みんなのテニス ポータブル」のセーブデータをVitaへコピーします。
    2012-03-27-003238.jpg

これでVHBLの導入は完了です。次に起動したいHomebrewを導入します。

Homebrewの導入

  1. 起動したいHomebrewを用意します。
    ここではDragula96氏のテトリスゲーム "TetriAbetes" を使用します。以下のリンクからダウンロードして解凍しておきます。なおこの他のHomebrewでも基本的な操作は変わりません。
    TetriAbetes 1.50b3 (cfw) | PSP-Hacks: Hack your PlayStation Portable

  2. 解凍してできたEBOOT.PBPと、同階層のファイル・フォルダ全てを適当な名前をつけたフォルダへコピーします。このフォルダ名はVHBLのメニューに表示されるものになるのでわかりやすい名称にしてください。

  3. このフォルダをzipに圧縮します。圧縮レベルは "無圧縮" にします。ここでは7-zipを使用しました。
    ファイル圧縮

  4. ここで適当なPSPゲームのセーブデータを用意し、Vitaからコンテンツ管理でPCへコピーしておきます(ここではロコロコのセーブデータを使用しています。C:\Users\[ユーザー名]\Documents\PS Vita\PSAVEDATA\[個別ID]\ にロコロコの場合はNPJG00034_GameData0フォルダが作成されます)。
    このセーブデータはHomebrewをVitaへコピーするためのダミーとして使われます。

  5. 圧縮したzipファイルを install.zip とリネームし、適当なゲームのセーブデータフォルダ(ここではNPJG00034_GameData0フォルダ)へコピーします。

  6. この状態でセーブデータ(NPJG00034_GameData0)を書き戻します。
    2012-03-27-003506.jpg

VHBLの使い方

実際にVHBLを起動し、導入したHomebrewを動作させるまでの手順です。

  1. 「みんなのテニス ポータブル」を起動します。
    2012-03-27-003544.jpg

  2. "つづきから" を選択し、セーブデータをロードされるとVHBLの読み込みが始まります。
    DSC_0005.jpg

  3. 読み込みが終わると、VHBLのメニュー(wMenu)が表示されます。ですがまだHomebrewは起動できません。先ほどzipに圧縮したHomebrewをインストールする必要があります。
    DSC_0006.jpg

  4. 起動した時点ではメニューには ms0:/PSP/GAME/ の内容が表示されています。".." → "SAVEDATA" の順に○ボタンで選択し、ms0:/PSP/SAVEDATA/ へ移動します。

  5. install.zipが入ったフォルダ(ここではNPJG00034_GameData0)を○ボタンで選択し、"yes" を選択するとHomebrewがインストールされます。完了したら "OK" を選択して下さい。
    DSC_0007.jpg

  6. 先ほどと同じ要領で ms0:/PSP/GAME/ へ移動し、 "Homebrewの導入" の手順2. で入力した名前のフォルダを○ボタンで選択するとインストールしたHomebrewが起動します。
    DSC_0008.jpg

  7. うまくHomebrewが動作したらすべての操作は完了です。
    DSC_0010.jpg

[ 2012/03/27 01:00 ] HBL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。