スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VHBL (Vita Half-Byte Loader r123) 導入方法

ss_v101.jpg

PS Vitaでの動作に対応したHalf-Byte Loder、 "VHBL" がリリースされています。
VitaのPSPエミュレータ上で動作するHBLです。

PSVita Half Byte Loader r123 (All Regions) :: zload.net ::

VHBLでできること、できないこと

VHBLは、PSP向けHomebrewを動作させることができるVita用Homebrew Loaderです。
VitaではPS Storeで購入したPSPのゲームをプレイするためのPSPエミュレータが搭載されています。FW6.60(PSP)と互換性のあるエミュレータ上で、teckさんにより発見されたUser exploitによりVHBLが動作するという仕組みです。


VHBLでは従来のHBLと同じように、ユーザーモードで動作するHomebrewのみ起動できます。
そのためカーネルモードが必要なPSP FilerやGo Tubeなどの一部のHomebrewは正常に動作しません。また、ISOや自前のPS1ゲームを起動するためのものでもありません。


今回のVHBLでは「MotorStorm Raging Ice」というソフトのセーブデータに存在するexploitを使用するので、PS Storeでこのソフトを購入する必要があります。しかし、このソフトは現在Storeから削除されており、購入も再ダウンロードもできません。次にダウンロードできるようになった時にはexploitが対策されている可能性が高いので、VHBL目当てでは購入しないようにしてください。現時点ですでに購入済みで、Vitaへのダウンロードが済んでいる方のみVHBLを導入できます


なお、FW6.60が導入されているPSPでもVHBLは動作します。この場合DL版に加え、UMD版でも動作します。

サポートする環境

  • FW1.61以下でMotorStorm Raging Iceが起動できる状態にあるPS Vita(正確にはPSPエミュレータのベースがFW6.60であればOK)
  • コンテンツ管理アシスタントが動作するWindows PC(現在のコンテンツ管理アシスタントのバージョンは1.10.4086.63です)
    ※PS3ではVHBLの導入はできないので注意してください。

導入方法

以下の方法は日本版に対応しています。

VHBLの準備

  1. VHBLをダウンロード、解凍します。
    PSVita Half Byte Loader r123 (All Regions) :: zload.net ::

  2. 解凍してできた UCJS101040000フォルダ をコンテンツ管理アシスタントの "セーブデータ(PSP)" に表示されている場所へコピーします。
    Windows 7の初期設定では C:\Users\[ユーザー名]\Documents\PS Vita\PSAVEDATA\[個別ID]\ が指定されています。
    ss_v101.jpg

  3. UCJS101040000フォルダの読み取り専用属性を解除しておきます。これを行わないとデータをコピーできない可能性があります。
    UCJS101040000のプロパティ
  4. PCにVitaをUSB接続した状態で "コンテンツ管理" を起動します。
    2012-03-03-004018.jpg

  5. "パソコン → PS Vita" ⇒ "アプリケーション" ⇒ "セーブデータ(PSP/その他)" へ移動し、「MOTORSTORM: RAGING ICE」のセーブデータをVitaへコピーします。
    2012-03-03-011536.jpg
これでVHBLの導入は完了です。次に起動したいHomebrewを導入します。

Homebrewの導入

  1. 起動したいHomebrewを用意します。
    ここではDragula96氏のテトリスゲーム "TetriAbetes" を使用します。以下のリンクからダウンロードして解凍しておきます。なおこの他のHomebrewでも基本的な操作は変わりません。
    TetriAbetes 1.50b3 (cfw) | PSP-Hacks: Hack your PlayStation Portable

  2. 解凍してできたEBOOT.PBPと付属のファイル・フォルダ全てを適当な名前をつけたフォルダへコピーします。このフォルダ名はVHBLのメニューに表示されるものになるのでわかりやすい名称にしてください。

  3. このフォルダをzipに圧縮します。圧縮レベルは "無圧縮" にします。ここでは7-zipを使用しました。
    ファイル圧縮

  4. ここで適当なPSPゲームのセーブデータを用意し、Vitaからコンテンツ管理でPCへコピーしておきます(ここではロコロコのセーブデータを使用しています。C:\Users\[ユーザー名]\Documents\PS Vita\PSAVEDATA\[個別ID]\ にロコロコの場合はNPJG00034_GameData0フォルダが作成されます)。
    このセーブデータはHomebrewをVitaへコピーするためのダミーとして使われます。

  5. 圧縮したzipファイルを install.zip とリネームし、適当なゲームのセーブデータ一式が入ったフォルダ(ここではNPJG00034_GameData0フォルダ)へコピーします。

  6. この状態でセーブデータ(NPJG00034_GameData0)を書き戻します。
    2012-03-03-011550.jpg

VHBLの使い方

実際にVHBLを起動し、導入したHomebrewを動作させるまでの手順です。

  1. 「MotorStorm Raging Ice」を起動します。
    2012-03-03-011800.jpg

  2. ロード画面へ移動し、先ほどコピーしたセーブデータをロードします。
    IMG_4191.jpg

  3. ゲームのメニューでWRECKREATION → TIME ATTACK へ進んだ後、"No" を選択します。VHBLのロードが始まります。
    timeattack_no.jpg

  4. ロードが終わると、VHBLのメニュー(wMenu)が表示されます。ですがまだHomebrewは起動できません。先ほどzipに圧縮したHomebrewをインストールする必要があります。
    IMG_4193.jpg

  5. 起動した時点ではメニューには ms0:/PSP/GAME/ の内容が表示されています。".." → "SAVEDATA" の順に○ボタンで選択し、ms0:/PSP/SAVEDATA/ へ移動します。

  6. install.zipが入ったフォルダ(ここではNPJG00034_GameData0)を○ボタンで選択し、"yes" を選択するとHomebrewがインストールされます。完了したら "OK" を選択して下さい。
    vhbl_savedata.jpg

  7. 先ほどと同じ要領で ms0:/PSP/GAME/ へ移動し、 "Homebrewの導入" の手順2. で入力した名前のフォルダを○ボタンで選択するとインストールしたHomebrewが起動します。
    写真

  8. うまくHomebrewが動作したらすべての操作は完了です。
    IMG_4195.jpg

[ 2012/03/03 01:48 ] HBL | TB(0) | CM(2)
VHBLがアプリ欄に表示されません
どうやって起動するんですか?
[ 2012/07/18 17:41 ] [ 編集 ]
できmasen
[ 2012/10/06 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。