スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PspStates Experiment v2 Patch v2 for FW6.2X-6.3X リリース

pspstates0001.jpg

neur0nさんよりゲーム中にいつでもどこでもセーブ・ロードができるステートセーブプラグイン "PspStates Experiment v2 Patch v2" がリリースされています。
6.20 TN-Dなどの6.20カーネル上での動作、PSP go(05gモデル)での動作に対応した点が今回の更新内容です。

ちなみにDark_AleX氏がリリースした"PspStates Experiment v2"の改良版のVer.2でなのでタイトルは間違ってないです。

http://twitter.com/#!/neur0ner/statuses/53336871522156544


追記
6.20 TNはISO起動は標準でサポートされていないのでOpenIdea Iso LoaderやPromatheus Iso Loaderなどを介する必要がありますが、それが原因でDisc IDがうまく取得できず、ローカルステートで作成されたファイル名がおかしくなってしまうバグがあるようです。グローバルステートは正常に動作するので一時的にそちらをご利用いただければと思います。

更新内容

  • 05gモデルのパッチを追加、PSP goでの動作に対応
  • 6.20 TNなど6.2Xカーネルでの動作に対応

概要

PSPでゲームをプレイしているときに中断してまた後で遊びたい、イベント前にセーブしたいなどと思ったときに役立つのがPspStatesです。
ゲーム中にいつでもどこでもセーブ・ロードできる、ステートセーブ機能を使用するためのプラグインです。
ひとつのゲームにつき9個までセーブデータを保存し、使い分けることができます。


※一部のゲームで正常に再開できないなどの不具合が生じることがあります。これに頼らず通常のセーブもしっかりとった上で行ってください。また不具合でメモリースティック内のデータが破損する可能性もありますのでバックアップも定期的に行ってください。

対応しているモデル

FW6.2X, 6.3Xカーネル(6.20 TN、6.35 PRO、6.37 MEなど)のPSP-2000, 3000, PSP goで動作します。
PSP-1000は拡張メモリを搭載していない関係で使用できないとのことです。

導入方法

  1. pspstates2_patch_v2_for_62X-63Xをダウンロード、解凍します。

  2. 解凍してできた /pspstates2_patch_v2_for_62X-63X/seplugins/states_patch.prx, pspstates.prx, SAVESTATEフォルダの3項目を ms0(ef0):/seplugins/ へコピーします。

  3. ms0(ef0):/seplugins/game.txt をテキストエディタで開き、以下の内容を追記します。


    メモリースティックに導入する場合

    ms0:/seplugins/states_patch.prx 1
    ms0:/seplugins/pspstates.prx 1


    PSP goの内蔵メモリに導入する場合

    ef0:/seplugins/states_patch.prx 1
    ef0:/seplugins/pspstates.prx 1

    ※そのままコピー&ペーストしてください。上下を入れ替えると動作しません。

  4. ISOドライバをSony NP9660やME Driverなどに設定します。
    ※UMDゲームやNormalドライバでもこのプラグインを使用したい場合は、同梱のumdcache.prxを flash0:/kd/ へコピーしておいてください。

使用方法

セーブ方法

  1. PspStatesを利用するISO/CSO、UMDゲームを起動し、セーブしたい画面でHOME(PS)ボタンを押します。

  2. 終了確認画面が表示されます。セーブ方法は大きく分けて2通りあります。


    • ローカルステート
      セーブしたゲームと同じゲームの起動中のみロードして再開できるモードです。
      Rボタンを押しながら、十字キー↑、→、↓、←、△ボタン、○ボタン、×ボタン、□ボタン、STARTボタンのいずれかを押すことでひとつのゲームにつき9つまでデータを保存できます。
      ホットキーの組み合わせ 保存される場所・名前(GTA:LCSの場合)
      Rボタン + 十字キー↑ ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_u.bin
      Rボタン + 十字キー→ ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_r.bin
      Rボタン + 十字キー↓ ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_d.bin
      Rボタン + 十字キー← ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_l.bin
      Rボタン + △ボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_t.bin
      Rボタン + ○ボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_c.bin
      Rボタン + ×ボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_x.bin
      Rボタン + □ボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_q.bin
      Rボタン + STARTボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/ULJM05255_s.bin

    • グローバルステート
      別のゲームを起動していてもデータをロードしてセーブしたところから再開できるモードです。
      Rボタン+SELECTボタンを押しながら、十字キー↑、→、↓、←、△ボタン、○ボタン、×ボタン、□ボタン、STARTボタンのいずれかを押すことで全体で9つまでデータを保存できます。
      ホットキーの組み合わせ 保存される場所・名前
      Rボタン + SELECTボタン + 十字キー↑ ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_u.bin
      Rボタン + SELECTボタン + 十字キー→ ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_r.bin
      Rボタン + SELECTボタン + 十字キー↓ ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_d.bin
      Rボタン + SELECTボタン + 十字キー← ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_l.bin
      Rボタン + SELECTボタン + △ボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_t.bin
      Rボタン + SELECTボタン + ○ボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_c.bin
      Rボタン + SELECTボタン + ×ボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_x.bin
      Rボタン + SELECTボタン + □ボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_q.bin
      Rボタン + SELECTボタン + STARTボタン ms0:/seplugins/SAVESTATE/globalstate_s.bin
    既にセーブ済みのボタンでさらにセーブすると上書きされてしまうので注意してください。

  3. セーブが始まると、画面が消えで一瞬スリープモードのようになります。その後すぐにセーブ前の状態に戻ったらセーブは完了です。

ロード方法

  1. ロードしたいゲームを起動します。グローバルステートでセーブした場合は別のゲームでもOKです。
  2. HOMEボタンを押して終了画面を表示します。
  3. セーブ時と同じ要領でホットキーの組み合わせでロードします。


    • ローカルステートのセーブデータをロードする場合
      Lボタンを押しながら、十字キー↑、→、↓、←、△ボタン、○ボタン、×ボタン、□ボタン、STARTボタンのいずれかを押します。

    • グローバルステートのセーブデータをロードする場合
      Lボタン+SELECTボタンを押しながら、十字キー↑、→、↓、←、△ボタン、○ボタン、×ボタン、□ボタン、STARTボタンのいずれかを押します。

  4. ロードが始まると、セーブ時と同じように画面が消えて一瞬スリープモードのようになります。その後セーブ時の状態になれば完了です。

ロード時にISO/CSOが削除されていたり、UMDがセットされていなかったりした場合はもちろん再開できないので注意してください。


[ 2011/03/31 15:53 ] Plugins | TB(0) | CM(6)
うおおおおおお
待ってたぜ我らがgo対応!




あれ?ローカルステートでロードできない・・・><
グローバルではちゃんとできる・・・?
[ 2011/03/31 17:16 ] [ 編集 ]
>>うおおさん
ロードできないということは無いと思いますが正常なファイル名で保存されないためDisc IDごとの共存ができない状態です。
詳細は記事に追加しておきましたのでよろしければご覧ください。
[ 2011/03/31 23:29 ] [ 編集 ]
......
PSP-3000(6.35 PRO B3)に導入してどこでもセーブやロードなどは出来ているのですが、プラグインを使ってゲームをロードした後にメモリースティックにセーブしようとするとフリーズしてしまいます。

タイトルはいただきストリート(ぷよぷよ7も?)です。

PSPはT箱の09gモデルです。
[ 2011/04/04 20:03 ] [ 編集 ]
>>セーブできません...さん
プラグインが競合しているかもしれないのでPspStates以外のプラグインを無効化して試してみてください。

ただし一部のゲームでは再開した後に不具合が生じることがあります。セーブ時のフリーズに限らず、文字化けや動作の鈍りなど症状は様々です。
このプラグイン自体完璧な動作をするわけではないのでそこは割り切って使用するしかないですね…
[ 2011/04/04 23:37 ] [ 編集 ]
セーブできません...
先日投稿した「セーブできません...」ですが、ドライバーをM33にしたら出来るようになりました。
Sony NP9660では不具合が出るようです。
[ 2011/04/05 17:30 ] [ 編集 ]
助けて
導入してからISOのもんはん3rdが起動しなくなりました
対処法はないんですか?
[ 2011/11/02 18:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。