スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6.35Custom v3-fix リリース

DSC00838.jpg
neur0nさんより 6.35Custom v3-fix がリリースされています。
FW6.35をベースとしたCFWです。
6.35Custom v3 でリカバリーメニューの変更が適用できない場合があった問題の修正版です。
Twitter / @neur0n: 6.35Custom v3-fix http:// ...
 
6.35Custom v3 からneur0nさん独自のリカバリーメニューが搭載されています。
6.35Custom v3-fix ではリカバリーメニューの変更が適用されない場合があった問題が修正されています。

 確認事項

導入できるのは PSP-2000 の非対策基板のみです。その他のPSPには導入できません。
・ プラグインは ms0:/seplugins/ に導入してください。 vsh.txt などもそこに作成します。
・ HOMEボタンを押しながら起動すると FW6.35 として起動可能です。

 導入方法

1. ipl_testv3.zip をダウンロード、解凍します。
Download ipl_testv3fix.zip from Sendspace.com - send big files the easy way

2. 過去記事を参考にインストールしてください。
PSP Hack Evolution 6.35 Custom beta リリース (PSP-2000 非対策基板専用)



従来のCFWと同様に、Rボタンを押しながら起動することでリカバリーメニューを起動できます。
各機能は×ボタンを押し、Enableにすることで有効化できます。
DSC00832.jpg

Skip Sony logo起動時の "SonyComputerEntertainment" というロゴをスキップします。
Use version.txtflash0:/vsh/etc/ に配置した version.txt を適用します。
Hide PIC0.PNG and PIC1.PNG in game menuXMBに表示されるゲームの背景を非表示にします。
XMB Pluginsvsh.txtに記述したプラグインを有効化します。
GAME Pluginsgame.txtに記述したプラグインを有効化します。
POPS Pluginspops.txtに記述したプラグインを有効化します。
Exitリカバリーメニューを終了します。

[ 2011/01/16 22:28 ] CFW | TB(0) | CM(5)
これで何ができるのですか?
[ 2011/01/23 13:31 ] [ 編集 ]
>>佐久間さん
今のところ最新のCFWであり、Homebrewやプラグインの利用が出来ます。
v4ではISOの起動も対応しています。
http://pspapolo.blog27.fc2.com/blog-entry-265.html

ただ5.50 GEN-D3や6.20 TNなどに比べてHomebrewやプラグインなどの起動率が劣りますので、わざわざアップデートしてまで導入する必要はないです。

[ 2011/01/23 18:29 ] [ 編集 ]
Apoloさん有難う御座います。
[ 2011/01/28 16:35 ] [ 編集 ]
ISO起動できません。ISOはグラセフバイスとMHP3rdです。あとプラグインも出来ません。やりかたを教えてください
[ 2011/01/28 19:12 ] [ 編集 ]
追加
バージョン?はv5です
[ 2011/01/28 19:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。