スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MacroFire v3.2.5 リリース

macrofire0001.jpg
MacroFire v3.2.5 が pen 氏によりリリースされています。
連打機能や、ボタンの再割り当てなどが設定できる、便利なプラグインです。
Class G -PSP関連-
 
 更新内容

・ マクロファイルをロードしたときに、RapidfireStartの設定値が正しく復元されていなかった問題を修正。

 このプラグインでできること(作者サイトより)

・ 任意に全機能のON/OFFを切り替えられます。
・ アナログスティックの感度を調整できます。
・ PSPのボタンやリモコンの割り当てを変更できます。
・ ボタンを押している間だけ連射や自動連射、自動押しっぱなしなどを行えます。
・ マクロ機能があり、一定の動作を自動的に繰り返すことができます。
・ マクロはゲーム中でリアルタイムに実際の操作を記録することができます。
・ マクロは複数同時に保持することができ、それらをゲーム中にボタンで実行することもできます。
・ 連射設定やマクロは、メモリースティックへセーブおよびロードが可能です。
・ これらの設定のデフォルト値をゲームIDごとに切り替えて読み込ませることができます。

 準備する物

・ CFWを導入済みのPSP
・ MacroFire v3.2.5

 導入方法

1. MacroFire v3.2.5をダウンロード、解凍します。
日本語版と英語版がありますが、機能に違いはありません。
ダウンロード:Class G -PSP関連-

2. 解凍してできた、macrofire.prx , macrofire.ini を、 ms0:/seplugins/にコピーします。
配置:ms0:/seplugins/macrofire.prx , ms0:/seplugins/macrofire.ini

3. ms0:/seplugins/ に、vsh.txt , game.txt , pops.txt があります。なければ作成します。

自分の使用したい環境によってファイルを選びます。vsh.txt : XMBで有効になります。
game.txt : UMDやISO、Homebrewで有効になります。
pops.txt : PS1のゲームでのみ有効になります。

そのファイルを開き、このように追記します。

ms0:/seplugins/macrofire.prx 1


以上で導入は完了です。

 使用方法

MacroFireを起動します。
VOL+ボタン、VOL-ボタンを同時押しすると、メニューが表示されます。

macrofire0001.jpg


基本操作
○ボタン決定(切り替え)
×ボタンキャンセル
START+HOME同時押しゲーム再開


macrofire0001.jpg

メニュー解説

  • MacroFire エンジン
    ・全機能の一括 有効/無効 機能です。

  • メニュー起動ボタン
    ・メニューを表示するにはデフォルトではVOL+と-ですが、ほかのボタンを割り当てられます。

  • エンジン状態切り替えボタン
    ・MacroFireエンジンを 有効/無効化 するためのショートカットボタンの設定。

  • エンジン状態の通知
    ・エンジン状態切り替えボタンで 有効/無効化 した時に、画面左下に表示するかの設定。

  • アナログスティックの感度調整
    アナログスティックの感度調整へ

  • ボタン再割り当て設定
    ボタン再割り当て設定へ

  • 連射設定
    連射設定へ

  • マクロ設定
    マクロ設定へ


  • ◆アナログスティックの感度調整

    macrofire0002.jpg

  • アナログスティック
    ・アナログスティックを使用するかの設定。

  • デッドゾーン
    ・画面右の赤い円の大きさを指定します。この赤い円の中での動作は無効になります。

  • 感度
    数値が大きくなるほど、動きが敏感になります。

  • 中心とするX座標
    横方向の中心設定です。通常127から変更する必要はありません。

  • 中心とするY座標
    縦方向の中心設定です。通常127から変更する必要はありません。

  • ◆ボタン再割り当て設定
    macrofire0003.jpg

    ボタン再割り当てとは、たとえば、LボタンをRボタンとして使用できる機能です。
    まずは再割り当てリストを作成します。

    1.△ボタンを押します。

    2.○ボタンを押すと、検出を開始します。

    3.例として、Lボタンを押します。終了させるためにもう一度Lボタンを押します。

    4.STARTボタンを押し、決定します。

    4.次にLボタンを何に置き換えるかを設定します。○ボタンを押します。

    5.例として、Rボタンを2回押します。

    6.STARTボタンを押し、決定します。

    これで設定は完了です。

    ◆連射設定

    macrofire0004.jpg
    連射したいボタンを選択します。

    Normal:何もしない(通常)
    Rapid:ボタンを押している間だけ連射
    Auto-Rapid:ボタンを押さなくても常に連射
    Hold:ボタンを押しっぱなしにしている状態と放している状態の切り替え。
    Auto-Hold:常にボタンを押しっぱなしの状態。

    ◆マクロ設定
    macrofire0005.jpg

    マクロは、記録したボタン操作を繰り返し実行する機能です。
    上から順に項目を並べます。

  • マクロ追加
    ・新しいマクロスロットを追加します。

  • マクロ削除
    ・現在のマクロスロットを削除します。記録されているマクロが全て削除されます。

  • 実行/停止ボタン
    ・ゲーム中にメニューを表示させずにマクロを実行/停止するボタン。
    マクロ実行中にこのボタンを押すと逆に停止させることができる。

  • 繰り返し回数
    ・マクロを何回連続実行するかを設定します。0で無限ループします。

  • 実行
    ・繰り返し回数の回数実行します。

  • 停止
    ・実行中のマクロを停止します。

  • 編集
    ・マクロを編集します。

  • 開始
    ・記録しているマクロをクリアします。

  • クリア
    ・記録しているマクロをクリアします。

  • 追記
    ・記録しているマクロをクリアします。

  • 停止
    ・記録しているマクロをクリアします。

  • アナログスティックの記録 (ON/OFF)
    ・記録しているマクロをクリアします。


  • [ 2010/08/06 00:28 ] Plugins | TB(0) | CM(2)
    iso_tool ver 1.62がでてます
    [ 2010/08/06 14:29 ] [ 編集 ]
    >>ゆーとさん
    そうみたいですね。
    一応、takka氏がブログで正式公開するまでは伏せておきますね。
    [ 2010/08/06 14:42 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。